ボトックス注射によるワキガ治療

自分の体臭は1度気になってしまうと、ずっと頭から離れなくなるものです。

特に独特の強い体臭となってしまう、ワキガ体質の方は体臭がコンプレックスになってしまうケースが、多いと言われています。制汗剤や香水で体臭を抑えるのが難しいワキガですが、実は治療により体臭を軽減する事が可能です。治療には色々な種類がありますが、軽度の症状の場合は、ボトックス注射がお勧めです。ボトックス注射とは特殊な薬品を、ワキの下に注入し体臭を抑える治療の事を言います。

そもそもワキガ臭はワキの下に、多く存在しているアポクリン腺という汗腺から出た汗が、原因と考えられています。ボトックス注射は汗を分泌する神経の伝達を抑制し、汗をかきにくくする効果のある治療です。強い体臭の原因となる汗自体が、少なくなるのでワキガ臭を軽減する事ができます。他の治療法には、アポクリン腺をメスで取り除く手術も行われています。手術も体臭を改善する効果は高いものの、皮膚を切開する為、どうしても患者の負担は大きくなってしまいます。

ボトックス注射であれば、薬品を注射器で注入するのみという事もあり、かなり患者への負担は小さいのです。ですので、手軽にワキガ臭を抑えたいという場合に、ボトックス注射は選ばれています。気になる費用ですが平均して、約10万円が相場です。施術時間も注射による簡単な施術という事もあり、約10分程度と短時間で終了します。ただ、1年から1年半ほどで効果は薄れてしまう為、効果をキープしたいなら継続して施術を受けましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *