ワキガのいろいろな治療法

人間はいろいろなところから臭いを発します。

とくに、ワキガは特有の臭いがしますので、マイナスのイメージが強く、非常にはずかしいです。子供のころは、臭いませんが思春期以降になるとワキから臭いを発するようになります。軽度の臭いなら、ドラッグストアで販売されている制汗スプレーなどで対処できますが、重度になってきますと、制汗スプレーなどが効きません。女性は特に、ワキの臭いを気にする方が多いと思われます。

男性の場合ですと、時々すごい臭いの方もおられますが、自分の臭いというものは気づきにくいため、何も対処してないんだと思われます。最近では、いろいろな種類のワキガの治療法があります。一番効果がある方法は手術によりエクリン腺とアポクリン腺や皮脂腺を取り除く方法です。2cmから3cmぐらい切開するだけで、取り除くことができます。この手術は保険適用してできる病院もあるようです。

あとはレーザーによる治療方法もあります。これは、レーザーを照射させて、匂いのもとになるアポクリン腺を焼くことで臭いを消します。1mmぐらいのレーザーの先端を毛根部にいれますので、手術と違って傷跡が残りません。あとは超音波によって、匂いのもとになるアポクリン腺を破壊する方法もあります。このように、ワキガが治療には多くの種類がありますので、検討してみるのも良いかと思われます。どの治療法も体に負担が少なく、簡単にできますので、おすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *