ワキガの治療法手術編

ワキガの臭いは、自分ではあまり気づきにくいです。そして、独特の臭いがします。

そして、他人からは指摘してくれません。男女問いませんので、女性でもワキガの人がいます。ワキの臭いですと、だれにも相談したくありませんが、今では多くの種類の治療法があるので、もし悩んでいるなら医師に相談しに行った方が良いでしょう。保険を適用することができる治療もありますので、そんなに費用の方もかからないと思われます。ワキガの治療には、皮弁法手術という方法があります。

手術といいましても、局所麻酔をしてから、わきの下に2cmから3cnぐらい切開しまして、匂いのもとであるアポクリン腺を丁寧に除去していきます。手術時間は1時間ぐらいです。入院などの必要はなく、翌日から仕事にいけます。そして、1週間後に抜糸をして完了です。傷口はワキの下ですので、目立ちません。3か月ぐらいで傷口がもとにもどります。費用の方は、保険が適用されますので、それほど高くありません。

手術といってもとても簡単な手術ですので、気軽にうけられると思います。ワキガ治療において、この手術による方法がとても効果があるとされています。レーザーなどの方法もありますが、再発する可能性も高いので、1回で済む手術の方があとあと良いかもしれません。とにかく、まず医師に相談してみると良いでしょう。ワキガにも軽度から重度までありますので、自分にあった治療法を選ぶのが良いと思われます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *