ワキガの治療レーザー編

ワキガは、遺伝しますし、日本人より外国人の方が多いです。

独特の臭いがしますので、周りの人に迷惑をかけてしまいます。軽いワキガの人は、制汗スプレーや塗り薬で臭いを抑えることができますが、重度の場合ですと、臭いを隠すことができません。なぜ、ワキが臭うかと言いますと、わきの下にはアポクリン腺やエクリン腺や皮脂腺などが存在していますが、特にワキの下にはアポクリン腺が多くあります。

アポクリン腺には、アンモニア、尿素などの臭いのもとになる成分が含まれているため、これらが汗や細菌などといっしょになると強烈な臭いとなるわけです。しかし、ワキガは治療をすれば、治りますので安心してください。ワキガは病気というわけではありませんので、そのままにしてもよいですが、周りに迷惑がかかるので治療した方が良いでしょう。治療法として体に負担の少ないレーザーによる治療について説明したいと思います。

1mmぐらいのカニューレをワキの毛穴に挿入し直接汗腺にレーザーを照射してアポクリン腺などを破壊していく方法です。カニューレを挿入する部分には多少に傷がのこりますが、ほとんど傷なしで治療することができ、体への負担もありません。しかし、レーザーを照射したときに汗腺の深いところまで届かなくて破壊できなかったときは、根っこが残っていますので、それが再生され、また、ワキガの臭いが再発する場合もあります。このようにメリットとデメリットがありますので、よく検討した方がよいでしょう

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *