ワキガ治療、手術の種類

ワキガは相談できずに1人で悩んでいる人も多いかと思われます。

ワキガは病気ではなく、体質ですので、仕方がないです。ワキガは、何が問題かといいますと、とにかく独特の臭いが問題です。自分1人の時は良いですが、自分の周りにたくさんの人間がいた場合だと、迷惑をかけてしまいます。自分自身でも多少臭いは自覚していますが、他の人は自分以上に臭いに敏感ですので、すぐにきづかれてしまいます。しかし、今では良い治療法がたくさんありますので、高い確率で治ります。

一番優れているのは手術による治療です。手術と聞くと危険と思うかもしれませんが、1時間ぐらいで終わる簡単な手術です。剪除法という手術があります。まず、局所麻酔でわきの下2センチから3センチを切開します。つぎに、皮膚を反転して、臭いのもとになるアポクリン腺やエクリン腺をはさみで除去していく方法です。この方法は、効果が高くて保険も適用可能です。もう1つ皮弁法という手術があります。

局所麻酔でわきの下2センチから3センチを切開します。次に皮膚をひっくり返して、1つ1つ目で確認しながら、臭いのもとになるアポクリン腺を取り除いていきます。こちらの手術も、効果が高くて保険も適用可能です。また、手術は入院する必要はなく、次の日から仕事に行くことができます。ほかにもレーザー治療などいろいろな治療法がありますが、一番効果のある方法が手術といわれていますので、ぜひおすすめしたいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *