TOP > 弁護士に相談すれば相続でトラブルは生じない

弁護士に相談すれば相続でトラブルは生じない

民事に関する弁護士に対する依頼として最も多い案件としては、相続に関する手続きが挙げられます。相続をする際には、基本的に法律によって決められている割合で残された家族が分配することになります。


そのため、身内で財産を持ったまま亡くなった人がいた場合には弁護士などに依頼をしてその法律によって決められている割合に従って粛々と手続きを進めていく必要があります。

一方で、財産を保有したまま亡くなった人が遺産に関して遺言書を残していた場合には、弁護士に依頼をして例外的にその遺言書の内容をそのまま継承することになるのでこの点だけきちんと知っておきましょう。

弁護士の無料相談についての基礎知識と魅力をご説明しているサイトです。

法律に規定されている法定割合に関する基準はものすごく単純です。

法律の相談の情報を掲載しています。

残された家族に対して最も多くの割合で財産を分割してもらうことが可能なのは、亡くなった人の配偶者になっています。

その次がその配偶者の子どもたちで分配されます。

仮に、亡くなった人に配偶者が存在していなかった時にはその人の両親が相続することになりますので法律に従っておけば何の揉め事もなく遺産の継承の手続きをすることが可能です。



ただし、一つだけ相続に関して問題になることがあります。

それは、結婚をしていた場合でも既に夫婦の関係が破綻していたような場合です。
このような場合には、亡くなった人の意思表示によって配偶者に対して財産を残さないように手続きすることも可能です。

遺言書でもそうですが、法律で分割分の割合が書かれているとは言っても最終的な決定は亡くなった人ができますので、財産を持っている人はなくなった後の自身の財産の処遇に関しては必ず弁護士を通して形になるものを残しておく必要があります。