ネットにおける誹謗中傷

誹謗中傷と言えば、今やネット社会で当然です。ネットがまだ広がっていないころは、紙に書いたり、怒鳴り声をあげたりするなどアナログ的なものでした。
このような媒介でしたので、広がる範囲は一部だけでした。
ところが今や誰もが携帯やスマホを持っていますので、誹謗中傷を一瞬のうちにネット上でひろげることができます。

一度ネットに公開されたものは、場合にとってはコピーされることもがありますので、ネット会社に削除をお願いしても後の祭りになることもありえます。ですからネットに公開された誹謗中傷は本当に怖いものであり、名指しされた本人にとってはまさに人権問題に発展しうるのです。

OKWave情報選びをサポートします。

また個人ではなく、学校が誹謗中傷の対象になっているのが増えています。



学校を挙げることで書き込んだ人やその関係者が学校や教育委員会が困惑しているのを楽しんでいるのです。

誹謗中傷の対策について考察してみましょう。

学校という大きな組織をネット上で公開することは、書き込んだ本人は優越感に浸り、支配した感じになります。

書き込んだ人の特定は、事件性がない限り警察も入り込めないため、ネット会社に削除するしか方法がなく、社会問題化しているのが現状です。

そのためおもしろがってネット上で炎上していきます。

個人の誹謗中傷でも事件性がない限り警察が入り込めないため、問題化しており、国内ではこのため自殺者も出たくらいです。

そのためネット会社では削除以外に根本的な見直しが必要とあって対策が急がれております。